審査が通るか心配……それでも【即日融資】を受けたい時に取るべき行動とは?!

金融機関からお金を借りるには、審査があります。
お金を貸す側としては、安定して返済してもらう必要があるため、その人の年収・勤務先・住居などの情報をもとにどれだけの金額を融資できるか、また融資自体の有無について審査を行います。

その審査に通るか心配という人は、きっと以前になんらかの金融トラブルがあったために、そのような懸念事項が思い浮かぶのでしょう。

審査に通るか心配であり、また即日の融資を希望となると、正規の金融業者から融資を受けることはほぼ不可能と言えるでしょう。

上記でもご紹介したように、正規の金融業者であれば「返済能力があるのか」「いくらまでなら貸付しても大丈夫か」など、申込者の返済能力の有無を判断するための審査を行います。

つまり、審査が無い・審査が不要でお金を融資してくれるという金融業者が、間違いなく闇金融業者と言えるでしょう。
闇金融業者とは、いわゆる”ヤミ金”です。

お金を借りるにしても、ヤミ金にはけっして手を出してはいけない……とは、よく耳にします。
ヤミ金業者は、法律で定められている金利よりもはるかに高い金利を用い、申込者を返済不能の道へと陥れます。
どんなに甘い言葉を掛けられたとしても、利用することは決しておすすめできません。

審査なしで即日融資を受けられる金融業者を探している人は、Web申込みを受け付けている大手の消費飛車金融を検討されることをおすすめします。

即日融資を受けられる消費者金融

お金を借りると言って、真っ先に思い浮かぶのは銀行や郵便局といった機関でしょう。
このような機関での融資は、低金利のところが多く、借りる側としても信頼が持てるため、多くの人が利用を検討する金融業者です。

ですが、この様な金融業者は厳密な審査を行い、融資申し込みから実行まで数日ないし数週間を要することが多いものです。

即日融資を希望するのではあれば、テレビコマーシャルなどでも宣伝している全国的な大手消費者記入会社からの融資を検討してみましょう。

消費者金融と聞くと、罪悪感や背徳感を感じる人もいらっしゃいますが、あくまで法律に基づいた金利及び返済方法の上で業務を行っていますので、心配することはありません。

大手消費者金融会社であれば、ほとんどの会社が即日融資を行っています。
急な出費に対応してくれる、心強い味方となってくれます。

過去に大手消費者金融での審査を落ちている人は

そうは言っても、以前、すでに一度消費者金融へ審査を申込み、落ちているという人もいることでしょう。
そのような人も、他社の審査なら通る可能性があります。

大手消費者金融会社の審査に自信がない人は、中規模の消費者金融会社に申し込むという方法があります。
中規模の消費者金融会社とは、地方で頑張っている消費者金融などです。

中規模の消費者金融会社が、多くの会社が過去の利用実績ではなく、現在の収入などから見られる返済能力から審査を行います。
そのため、例え過去に大手消費者金融で審査が通らなかったとしても、現在、安定した収入があれば審査通過となる可能性が大変高いのです。

そもそも「即日融資」とは?

即日融資という言葉は耳にしている人も多いと思います。
ですが、意味はいまいち曖昧という人もいるのではないでしょうか。
ここでは即日融資について、概要をご紹介します。

即日融資とは、読んで字のごとく、申し込みを行った日・当日中に融資を受けることを言います。

突然の飲み会や、どうしても欲しい物があるなど。
なんらかの理由で急な出費が必要となる場合もあることでしょう。
その様な時に対応してくれる、大変心強い融資の方法です。

金融機関の宣伝の中で、即日融資では無く「即日審査」とうたっている場合があります。
これは即日融資とは別の意味となりますので、勘違いしないように注意が必要です。

即日審査とは、申込当日中に審査が行われるという意味であり、融資実行が当日であるとは異なります。
融資実行自体は翌日以降、もしくは数日を要することがあります。
本来の目的である即日融資とは異なりますので、間違えないようにしましょう。

即日融資を受けられる大手消費者金融

上記でもご案内した大手消費金融ですが、全国的にも取り扱ってくれる代表的な金融業者をご紹介します。
融資も仕込みの際の参考にしてください。

• アコム
• SMBCモビット
• プロミス
• レイクALSA

上記でご紹介する金融業者は、全国で取り扱いを行っている大手消費者金融になります。
それぞれの特徴についても、ご紹介します。

「アコム」は”はじめてのアコム”というCMフレーズでも有名な、もっとも知名度の高い消費者金融と言えるでしょう。
アコムは三菱東京UFJの傘下で、信用保証事業もエム・ユー信用保証会社が実施しています。
特徴として、NET申込みOKで審査時間が最短30分という点が最大の特徴です。
ただし、NET申込みは可能ですが、必ず職場への電話連絡があります。
NETのみで申込みから融資実行までが完了するわけではありません。
アコムは審査時間が最短30分とご紹介しましたが、融資実行スピードも最短で1時間という早さ。
急ぎの融資をご希望の方におすすめの消費者金融業者です。

続いては「SMBCモビット」です。
アコムと並ぶ日本国内大手の消費者金融で、大きな特徴としてはNETで申込みから融資実行まで完結することです。
融資申し込みの際に在籍確認として職場に連絡を入れるのは、消費者金融ならどこでも行います。
この電話連絡がネックとなり、融資を躊躇する人も多いという事実があります。
在籍確認の電話が無いのは、SMBCモビットだけのサービスになります。
また、今や身近なコンビニエンスストア・セブンイレブンに設置されている、セブン銀行のATMから借り入れおよび返済手続きができるという点は大変便利です。
あえて難点があると言えば、多くの消費者金融が設けている無利息サービスが適用されていないという点です。
無利息サービスとは、「初めての借り入れの方は融資から30日間は無利息」というサービスです。
この無利息の期間は消費者金融によって異なりますが、多くの消費者金融が導入しています。
SMBCモビットはこのサービスを導入していません。

次にご紹介するのは「プロミス」です。
テレビCMでは軽快なテンポで明るいイメージが定着しているプロミスです。
プロミスのもっとも大きな特徴は、消費者金融のなかでもトップクラスと言える金利の低さです。
最大金利が17.8%は、他の消費者金融の多くが18%のなか、0.2%低く設定されています。
「たった0.2%」の違いと思われるかもしれませんが、この0.2%の違いは金利にすると大きいものです。
さらにプロミスは、一般的な窓口であるプロミス以外に「プロミスレディース」というサービスも設けています。
女性への融資に特化したプロミスレディースは、オペレーターもすべて女性が対応してくれます。

最後に「レイクALSA」をご紹介します。
レイクALSAのもっとも大きな特徴は、2つの無利息サービスがある点です。
「借入全額30日間無利息」と「借入額5万円までなら180日間無利息」という、2つのサービスです。
5万円と少額に思えますが、180日間無利息という長い期間の無利息はレイクALSAだけの特徴です。
もし、毎月の返済が1万円から5万円の場合、28万円まではレイクALSAの5万円まで180日間無利息を利用した方がお得なのです。
29万円以上の場合には、無利息30日間を利用した方がお得となりますが、ご自身の借り入れ額および返済金額によって検討してみるとよいでしょう。

大手消費者金融の審査に通らなかった場合には

銀行の融資審査が通らず、大手消費者金融の審査も通らなかった場合。
融資を諦めてしまう方が多いという現状もあります。
ですが、大手消費者金融の審査に通らなかった方も、諦めないでください。

大手消費者金融に通らなかったとしても、中小消費者金融であれば審査に通る可能性も高くなります。
中小消費者金融の場合、地域密着型や地方の所属であることが多いですが、いまやインターネットの発達により全国に対応している中小消費者金融も少なくなりません。
中小消費者金融のメリットは、過去の返済履歴ではなく、現在の返済能力を重視してくれる点です。
大手消費者金融では過去の返済履歴による結果で返済能力の審査が行われる場合が多いのですが、中小消費者金融の場合には、現在の収入・勤務先などから返済能力を審査対象とし、その現在の能力を審査で重視してくれます。
過去に大手の消費者金融審査に通らなかった人でも、現在安定した収入が得られているのであれば、中小消費者金融の審査に通る可能性が高いと言えます。

ただし、下記の事項に該当する人は中小消費者金融での審査通過も難しいと考えられますので、注意が必要です。
• 電話連絡およびEメール送信が不可
• 債務整理中、1ヶ月以上の長期延滞中といった金融事故者
• 申込書の重複(過去の申込み者など)、なりすまし、悪戯、虚像による申込み

このような条件に該当する方は、大変残念ですが審査通過は難しいと考えられます。

おすすめの中小消費者金融

中小消費者金融は、全国的に宣伝を行っているわけでも無いため、信頼できる業者であるかどうか判断するのはなかなか難しいと言えます。

ここでご紹介するのは、ネット上でも評判の良い中小消費者金融です。
どの中小消費者金融を利用するか迷っている方は、ぜひ参考としてみてください。

まずご紹介するのは「セントラル」です。
セントラルはネットによる申込み方法以外にも、自動契約機・窓口・郵送・コンビニと、幅広い方法で申込みを受け付けています。
また、即日融資に関しては平日14時までの申し込みであれば、即日融資が可能です。
無利息期間も30日間設けており、またセントラル専用の自動契約機であれば、土日の融資も対応可能です。
大手消費者金融に負けず劣らずのサービス体制を準備しています。
急な出費にいち早く対応してくれる中小消費者金融です。

続いてご紹介するのは「ユニーファイナンス」です。
最低金利が12%と高いですが、最大金利が17.95%と大手消費者金融にも負けない低金利を実現しています。
ユニーファイナンスは大手消費者金融でも有名なプロミスと提携しているという点も、大きな安心できる材料であると言えるでしょう。
提携しているからと言って、プロミスでの審査に通らなかったからユニーファイナンスも同じ審査を行うというわけではありません。
実際に、プロミスの審査は通らなかったのですが、審査に落ちた1週間後にはユニーファイナンスの審査には通ったという方もいらっしゃいます。
現在しっかりした収入があるのであれば、審査に受かる可能性は十分あるということが分かるエピソードです。
なお、ユニーファイナンスの即日融資は、すでにカードを持っている人が対象となります。
新規申し込みの場合には即日融資は不可となりますので、予めご了承下さい。

次にご紹介するのは「ダイレクトワン」です。
ダイレクトワンは、スルガ銀行グループ系列となります。
そのため、返済可能な提携ATMが多く、利便性が大変高いと言う特徴があります。
金利も最低金利は4.9%からですので、大変魅力的です。
ダイレクトワンで即日融資を希望する場合には、ネットや電話で無く、直接窓口に出向く必要がありますので、予めご了承ください。

そして、融資上限限度額が高く、即日融資を実施してくれるという点で「ライフティ」もおすすめです。
ライフティは融資上限限度額が500万円までと、かなり高額です。
大手消費者金融にも負けない限度額ではありますが、総量規制のために「年収の3分の1を超える金額はキャッシングできない」という法律がありますので、注意が必要です。
ライフティの金利は4.9%から20%となっています。
最大金利は20%と高めですが、最低金利は4.9%とかなり良心的です。
ライフティも13時までの申し込みであれば、即日融資が可能です。

そして、審査通過が不安な人に評判が良いのは「フクホー」です。
中小消費者金融を選んで申し込みをする理由として、とにもかくにも審査通過を願ってと言うもとも多い事でしょう。
そのような人にフクホーが人気です。
審査が甘いと勘違いされる方もいらっしゃいますが、審査が甘いのではなく対応が柔軟であると評判なのです。
借入および返済ともに振込である(返済のみ窓口もOK)フクホーは、利便性には若干欠けるところがありますが、即日融資も可能で柔軟な対応であるという点で、評判の高い中小消費者金融です

融資を受けるには審査があるのは

過去の金融事故や他者の借り入れをしているということで、新たな融資の審査に通らないと頭を抱えている方もいることでしょう。
そのような人は、ついつい審査なしで即日融資を行ってくれる機関を探そうとする傾向にあります。
たしかに世の中には、審査が無く即日でお金を借りられる方法というものも存在しています。
ですが、この審査も無しでお金を借りることができるという甘い誘いが、後々の自分の人生を破滅へと導いてしまうきっかけとなることも考えられるので。

審査なしで即日融資の代表的な例として、上記でもご紹介したのが「ヤミ金」です。
その他の審査なし・即日融資には「現在持っているクレジットカードのショッピング枠を現金化する」という方法もあります。

ヤミ金の利用は、絶対と断言できるほどおすすめすることはできません。
それは、法律に触れるほどの強引な方法による取り立てや、法律以上に定められた高い金利などがあります。
元々、お金に困って消費者金融の利用を検討する人が、ヤミ金が設定するような高い金利を払い続ける余裕などないはずです。
また、返済期日を過ぎた場合の取り立ては、自分自身だけではなく家族や職場にも影響することもあります。
万が一、ヤミ金からの融資を利用してしまった人は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。
その後の無理な取り立てによって私有地に足を一歩踏み入れれば、警察に通報することも可能です。
また、ヤミ金に個人情報を手渡してしまうと、その個人情報が流出され、また別の問題に発展する可能性もあります。
十分に注意して頂きたいと思います。

最近は「ソフトヤミ金」という、新たな業者も出てきていますが、ヤミ金同様に違法金利による融資貸付を行っていますので、絶対に利用をおすすめできるものではありません。
いくらソフトと名前がついていても、法外な高い違法金利と取り立ては変わりません。
またヤミ金業者は、なんとか一括返済をさせないように、契約時には伝えなかった手数料の支払い請求を行ったり、追加融資を受けさせるためにしつこい勧誘をおこなってきたりなど、良い事はありません。
プライベートにまで侵入し、私生活に支障をきたすことも考えられるのです。
その様な危険な目にあわないためにも、いくら金銭的に困ったとしても、ソフトヤミ金であろうとも手を出さないことが一番です。

また、金融業者を使わずに知人から借りるという方法もあります。
知人から借りるということも、お互いの信頼関係が無ければできないことですが、金銭が絡むとその信頼関係にもひびが生じる可能性が出てきてしまいます。
せっかくの友情を傷付けてまでお金を工面することは、到底、おすすめできるものではありません。

そして、知人から借りるというケースと感覚的に似ているのが「個人間融資」です。
最近のインターネットの普及から、さまざまなSNS上でも個人間融資という言葉を見かけます。
個人融資を希望する人と融資する人を繋ぐサイトなども存在し、にわかに利用を考えている人もいるかもしれません。
ですが、この個人間融資もけっしておすすめできる融資方法ではありません。

融資する側のネットでの呼びかけを見ると、「即日融資」「どんな人でも対応可能」などと甘い言葉で誘っていますが、実はその奥に控えているのはヤミ金業者であったり、または個人情報を抜き取ろうとしている詐欺である場合が多いのです。
”先に手付金を振り込んでくれたら、希望の融資額を振り込む”と言われ、手付金を振り込んだが、そこから音信不通になってしまった。
個人情報を伝えてから、まったく連絡が取れなくなった……などと言った、だまされた人の被害の声を聞くことが多いと言うのが事実です。

また、運よく融資を受けられたとしても、実はヤミ金で、法定外以上の金利と厳しい取り立てで、融資を受ける前よりも生活が苦しくなってしまった人もいます。
このような個人間融資もけっして軽々しく手を出して良いものではありませんので、利用しないようにしてください。

融資とは異なりますが、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法もあります。
ですが、この方法もけっして正規の方法ではなく、現金化を行う業者がヤミ金と繋がっている可能性も高いですので利用をおすすめすることはできません。
そもそも、ショッピング枠の現金化は、クレジットカードの規約違反となります。
規約違反がカード会社で判明した場合、カードの強制解約を迫られ、現在の使っているショッピング額の一括請求を求められるというケースが出てきます。
カードの強制解約となれば、カード事故として5年間は情報が残ってしまいます。
そして、このショッピング枠の金額を現金化する業者は、ヤミ金と繋がっていることが多いのです。
ショッピング枠を現金化するということは、それほどお金に困っていると判断され、現金化業者からヤミ金に個人情報が売られていることがあるのです。
自分の個人情報がヤミ金に流出し、しつこい融資へのお誘いが掛かって来ることもあります。
お金が無いときに、例えヤミ金が好ましくない融資先だと分かっていても、なんとかお金を都合付けてもらえると思ったら、ついつい甘えてしまう可能性もあります。

そのような、自分が意図せぬトラブルに巻き込まれる可能性も高いので、クレジットカードのショッピング枠現金化もおすすめすることはできません。

もし知人や親族から融資を受ける場合には

知人や親族と言った身近な人からお金を借りて一時的にしのぐと言う方法もあります。
ですが、お金が絡むことですので、ケジメはしっかりとつけるべきでしょう。
そうでなければ、お互いの信頼関係は崩れ、長年の関係性さえ保てなくなってしまいます。

もしこのような知人・親族から融資を受ける場合には、借用書を準備するようにおすすめします。
借用書は、けっして専門家の手によって作成された、本格的なものでなければいけないというわけではありません。
自分で手書きで作成したものでもかまいません。
ただし、融資先である知人もしくは親族が、税理士や司法書士といった専門家を介して借用書の作成を求めてきた時には、応じるべきと言えるでしょう。
そしてもっとも大切なことは、借用書を作成しただけではなく、しっかりと後の返済を滞りなく行うことです。
融資を行った相手も本来、借用書が欲しかったわけではなく、融資を交わした時の約束通りに返済してほしいのです。
その信頼を裏切らないためにも、しっかりと期日を守って返済していきましょう。
万が一返済が滞ってしまった場合、最悪のケースでは民事裁判を起こして訴えられる可能性だってあるのです。
長年培ってきた信頼関係を壊さないように、最大限勤めるようにしましょう。

なぜ審査が通らないのか

ここまで、即日融資の方法や金融業者をご紹介してきました。

融資を受けるとして、なぜ自分が金融業者から融資を受けられなかったのか把握しておくことは、今後の生活も考え、とても大事なことと言えるでしょう。
融資の審査が通らない主な理由に、下記の様な理由があります。

まずは「現在、無職(または休職中)である」という点です。
当然ですが、働いていなければ収入を得ることはできません。
また、安定した返済を求めるのであれば、支払う側にも安定した収入が無ければなかなか成り立たないものです。
そのような点から、無職もしくは休職中の場合には融資が受けられない可能性が高いと言えます。
無職もしくは休職中の方は、融資を受けることを考える前に、しっかりと安定した職場への就職を選ぶのが最も目の前のやるべきことと言えるでしょう。

続いては「信用情報に傷がある」という問題です。
これは俗にいう”金融ブラック”という問題に当てはまります。
過去に延滞や債務整理を行ったと言う記録が個人信用情報機関に残っている場合も、新規で融資を受けるのは難しくなります。
中小消費者金融の場合でも、この信用情報の点に問題があった場合には、即日融資は困難となる場合が多いものです。
このような人の場合には、お金を手に入れるための方法として、質屋の利用はいかがでしょうか。
自分の持ち物を使って、即日融資を受けることができます。
また、最近ではフリマアプリという便利なものもあります。
このフリマアプリとは、自分が不要と思うものを出品し、代わりに必要とするひとが購入してくれる、フリーマーケットのインターネット版です。
フリマアプリの場合には即日着手は難しい場合がありますが、質屋さんを尋ねるのは敷居が高いと感じる方も多いと思いますので、それよりは手軽に試して頂くことができます。

街中の質屋、ならびにフリマアプリの利用には、融資を受けるために求められる信用情報や返済能力というものは必要ありません。
自分の不用品が現金になるのですから、やってみる価値はあるでしょう。

質屋も全国展開の大手チェーン店もあります。
各都道府県の主要都市であれば、近くに店舗が設けられている可能性が高く、すぐに現金を手にすることができます。

信用情報に傷があるという点にもつながりますが「多重債務者」ですと、融資の審査は通りずらいと言えるでしょう。
多重債務者の場合は、融資を受けてさらに借入額を増やすより、これ以上借金を増やさない方法を考えるべきと言えるでしょう。
融資を受けるのではなく、債務整理を行って新たなスタートを切るというのも良いでしょう。

債務整理を行うことでもっともネックとなってくるのが、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができないという問題です。
ですが、これも通常であれば5年経過すれば、クレジットカード作成はもちろん、ローンを組むことも可能となります。
借金が雪だるま式に増え、5年6年と言わず、長い間悩み苦しんでいる人も少なくないことでしょう。

債務整理をしてしまったら、ある一定期間カードを作ったりローンを組むことはできませんが、逆に言えばその期間(5年ないし10年)経てば、クレジットカードも作ることができ、ローンも申し込む事が出来ます。
その時に、安定した生活を営んでいることが前提条件ではありますが、長きに渡って借金に苦しむよりは、その間を頑張って待ち、期間が経過した暁には安定した収入を得られる状態になったことを前提として、頑張ってみてはいかがでしょうか。

また、債務整理の前に、銀行系のおまとめローンをご検討頂くという方法もあります。
正規の金融業者の審査が通らない人が、銀行の融資は受けられないとご紹介しましたが、現在の何社にも渡ったカードローンを1本化するおまとめローンは他のローンと違い審査に通りやすいという利点があります。
このおまとめローンは即日融資というわけではありませんが、他社に渡る返済を1本化することで月々の支払いの負担を軽くし、またトータルで見た時の金利もかなり以前よりは軽くなります。
ただし、多くの方はおまとめローンによる支払いを一本化した後でも、支払いが滞ってしまい、最終的には債務整理をすることになるという方が非常に多いという現状があります。
もしおまとめローンをご検討される場合には、そのような、再び支払いが滞ってしまうということが無いように、しっかりとした計画性と安定した定期的収入口を確保した上で申し込むことをおすすめいたします。

まとめ

即日融資が可能な金融業者ならびに即日融資に関する概要などについて、まとめました。
お金を借りるという行為は、最初こそ罪悪感と後ろめたさが付きまといますが、慣れてしまうとまるで自分のお金が増えたような感覚に陥ってしまう人も多く見受けられます。

今回は即日融資が可能な大手消費者金融ならびに中小消費者金融業者もご紹介したことで、あなたの借り入れ窓口が更に広がったかもしれません。
さまざまな融資の窓口ならびに方法があることをお伝えしましたが、まずは今現在、すでに借り入れのある方は、そちらの対処についても前向きにご検討頂ければと思います。